台東区で物件をお探しならズーム秋葉原イーストがお勧め!

台東区は、現在、街作りが発展してきている注目のエリアとなっています。生活していく場所として、住みやすさや交通の便も良く、単身者やファミリーに人気のエリアです。ここでは、ズーム秋葉原イーストの物件情報をお届けします。

ズーム秋葉原イーストがある台東区ってどんな街?

台東区の特徴について
台東区と言うのは、東京都の中央に位置し、北は荒川区、東は墨田区、南は中央区、西は文京区と千代田区に囲まれているエリアになります。台東区は、江戸時代から観光街として発展してきたエリアであり、現在も浅草には日本人をはじめ多くの外国人も訪れる観光スポットとなっており、メディアでも度々取り上げられているエリアです。なので、台東区と聞くと下町をイメージされる方は多いと思いますが、昨今、街の商業地化が進められ、都会的な一面も顔を覗かせるエリアに発展してきています。このように、台東区は都会と下町感を両方感じることができるエリアになっています。
交通に便利な立地
台東区と言うのは、実は、利便性が高い点もエリアの特徴の一つに挙げられます。特に、上野駅は東日本の玄関口であり、ターミナル駅となっています。新幹線も通っており、在来線や地下鉄も乗り入れています。なので、どこかへ行くにしても交通に便利な立地になっています。
台東区の暮らしやすさについて
台東区と言うのは、浅草や上野など大きな街が有名ですよね。しかし、その他にも、入谷、浅草橋、蔵前周辺など、最近話題になっている場所も多くあり、エリア全体が栄えています。昔ながらの商店街、スーパーも、個人商店などもあり、自分の好きなスタイルで買い物できるのも嬉しいポイントです。「少し治安が悪いのでは…?」と思っている方もいるかも知れませんが、実際の所は、東京都内の他のエリアと比較をしても、特に治安が悪いことはないので問題ありません。台東区は、下町感漂う街並みがノスタルジックな雰囲気を醸し出しており、建物や風景も写真映えするスポットとなっています。また、親しみやすさも感じるので、日本人であれば誰もが落ち着く暮らしやすい場所と言えます。

ズーム秋葉原イーストの最寄り駅である浅草橋駅の基本情報!

浅草橋駅に止まる電車と乗り換え
JR総武線浅草橋駅は、都営地下鉄が乗り入れており、接続駅となっています。なので、JR総武線から都営地下鉄へ乗り換えることができます。JRは総武線各駅停車のみなので、JR内で乗り換えはありません。また、浅草橋駅は秋葉原駅と両国駅の間の駅となっており、観光やアクセスにも良い立地です。
主要駅まで行く為の所要時間
JR総武線浅草橋駅から東京駅へ行く際は、隣の秋葉原駅でJR京浜東北線か山手線に乗り換えるだけ、わずか15分程度で行くことができます。また、浅草橋駅から羽田空港へ行く際は、都営地下鉄から都営浅草線急行に乗ることで約50分程度で行くことができます。
浅草橋駅で訪れたいスポット・観光情報
浅草橋駅周辺の街並みは、江戸時代からある浅草橋・徳川家康の鉛筆・伊達政宗の鉛筆など、史的文具が多数展示され、文具の進化を見ることができる資料館、江戸城警護で設けられた浅草見附跡など、様々な見所があります。なので、街を散歩しながらブラブラ巡っても、楽しめる所が色々あります。

ズーム秋葉原イーストの物件情報!

ズーム秋葉原イーストとは
ズーム秋葉原イーストは、2020年7月築の築浅で、総戸数41戸の分譲賃貸マンションです。建築デザイナーが設計したこだわりのデザイナーズマンションとなっています。その上、この物件はペットも相談可能物件になっているので、犬や猫などペットと生活している方も相談することができます。
最寄り駅は浅草橋駅となっており、浅草橋駅から徒歩5分と駅が至近のアクセスも魅力です。複数路線・駅を利用することができる利便性の高いエリアで、築浅の高級デザイナーズマンション、そして、外観もモダンでオシャレな作りになっており人の目を引く素敵な物件です。共用部はもちろん部屋に至るまで、全ての内装にこだわりを感じることができます。
マンション設備について
ズーム秋葉原イーストの室内設備は、ガスシステムキッチン・エアコン・追い炊き機能付きオートバス・浴室換気乾燥機・温水洗浄便座など、暮らしを充実させる設備が完備されており、住まう方の快適な暮らしをサポートしています。部屋に関しても、水回りを中心にハイグレードな設備が整っており、日常生活を優雅で快適に過ごしてもらうことができます。また、普通の鍵に比べて防犯性が高くなっているディンプルキーを採用し、オートロックマンションになっているので、女性の方でも安心して生活を送ることが可能です。モニター付きのインターホンなので、訪問者確認もでき安心です。他にも、宅配ボックスがあるので、普段中々忙しくて荷物を受け取れない方にも便利です。マンションの敷地内には、24時間ごみを捨てることの可能なごみ置き場があるので、いつでも好きな時間にごみを捨てることができます。
最寄り駅について
ズーム秋葉原イーストの最寄り駅は、JR中央・総武線浅草橋駅です。駅から徒歩5分の好立地となっています。また、その他にも東京メトロ日比谷線秋葉原駅など、全部で3路線を利用することができ、とても交通の便が良い立地になっています。

ズーム秋葉原イーストの不動産価値とは?

ズーム秋葉原イーストがある台東区は不動産上昇率がアップしている
昨今、最もマンション価格が変動した区に挙げられるのが、ズーム秋葉原イーストがある台東区です。ここ数年の価格の変動(2017年の1月と12月の価格)を見てみると約5.3%アップしており、これは4,000万円のマンションが4,212万円までアップしたことになります。昨今、23区のマンション価格は全てアップしているのですが、一位が台東区、二位が足立区、三位が葛飾区となっています。4位や5位には港区・千代田区がランクインしていますが、6位以降は再び荒川区や北区など続いており、比較的東エリアの方が不動産価値はアップしているのです。
台東区の不動産上昇率がアップしている理由
東京都全体と台東区で不動産価値を比較してみると、台東区の観光客数が大きく伸びてきており、日本人をはじめ外国人観光客数の伸び率も上がっています。この理由と言うのは、台東区は観光地エリアとしての影響が多いことが挙げられます。観光地になっているので、もちろん観光客も多く、台東区では消費が増えています。消費が上がるとモノの需要も比例して上がるので、物価を含めたモノの価格は上がるのです。マンションも例外ではなく、特に、不動産では民泊の新法律が施行され、民泊物件運営も検討し始めてきています。なので、訪日観光客を中心に観光客をターゲットにした民泊物件需要もアップしており、結果、マンションの価格もアップしてきていると言えます。
ポテンシャルを秘めている人気エリア
台東区をはじめとする東エリアと言うのは、元々ポテンシャルを秘めたエリアです。その理由は、東エリアは東京の主要エリアへも行きやすく、尚且つ、西エリアに比べて価格が安いことが挙げられます。例えば、入谷駅から東京駅へ行く際には、乗り換え時間を含めても約12分~15分程度で行くことができます。このように、交通アクセスの良い立地でありながら、住むやすい台東区はポテンシャルの高いエリアとして注されているエリアになります。